英語圏の国
 スタディーデスティニー(Study Destiny)?
自分の設計によ海外語学留学の目的地
FAST , EASY , FREE

スタディーデスティニー(StudyDestiny)は留学エージェントを通じることなく、ひとりで語学留学、留学を希望する学生のため。本サイトを利用する場合、希望する学校に直接申し込むのができ、一人で留学の手続きを仕上げることができます。出願した学校や教育機関に出願書が届いたら、海外担当者と一緒に直接手続を進む事になります。
 国別特徴
 フランスの概要
フランスは、西ヨーロッパ西部に位置する共和制国家です。北東にベルギー、ルクセンブルク、東にドイツ、スイス、南東にイタリア、モナコ、南西にアンドラ、スペインと国境を接し、西は大西洋に、南は地中海に面しています。また、北海のドーバー海峡を隔てて北西にイギリスが存在します。海外領土でもオランダ、スリナム、ブラジルと陸上国境を接しています。首都はパリです。欧州連合加盟国であり、国連安保理常任理事国です。
 気候
フランスの気候は大陸性、海洋性、地中海性の気候区に分割されます。海洋性気候は国土の西部で見られます。気温の年較差、日較差とも小さいです。気候は冷涼であるが、寒くなることはありません。国土を東に移動するにつれて気候は大陸性となっていき、気温の年較差、日較差が拡大していくと同時に降水量が上昇していきます。本来の大陸性気候は東ヨーロッパ、つまりポーランドやルーマニアが西の限界であるが、フランス東部の高地、特にアルプス山脈の影響によって、大陸性気候が生じています。地中海性気候は国土の南岸で際立ちます。気温の年間における変動は3種類の気候区のうち最も大きいです。降水量は年間を通じて少ないです。
 政治
現在のフランスは、直接選挙で選ばれる大統領に首相の任免権や議会の解散権など強力な権限が与えられ、立法府である議会より行政権の方が強い体制が敷かれています。このため、先進国の中でも日本などと並んで官僚機構が強いと言われることが多いです。イギリスのエコノミスト誌傘下の研究所エコノミスト・インテリジェンス・ユニットからは「欠陥のある民主主義」とされています。 また、大統領が任命する首相は、大統領にも議会にも責任を負っており、共に行政権を持ちます(半大統領制)。このため、大統領の所属政党と議会の多数派勢力が異なる場合、大統領自身が所属していない議会多数派の人物を首相に任命することがあります。この状態をコアビタシオンと呼びます。こうした場合、大統領が外交を、首相が内政を担当するのが慣例となっているが両者が対立し政権が不安定になることもあります。 議会は二院制を採用し、上院に当たる元老院と、下院にあたるフランス国民議会があります。元老院は間接選挙で選出され、任期は6年で3年ごとに半数を改選されます。国民議会は直接選挙で選出され、投票に際して小選挙区制と二回投票制が定められています。優先権は国民議会にあり、元老院は諮問機関としての色彩が強いです。
 経済
2010年のフランスのGDPは2兆5554億ドル(約210兆円)であり、アメリカ、中国、日本、ドイツに次ぐ世界第5位です。観光客入国数では世界一、農産物輸出額では世界第2位を占めます。農業は生産額世界第6位と依然としてフランスにおける重要な産業であり、EU諸国中最大の規模を誇っています。
 国民
欧州最大の多民族国家であるフランスでは、本土ではケルト人・ラテン人・ゲルマン系のフランク人などの混成民族であるフランス人が大半を占めます。基本的にはラテン化したケルト人を少数のゲルマン人が征服して成立した国、と見なすことが多いが、今も議論の的です。世界、特に欧州では混成民族でない国民はほとんど存在しないとはいえ、たとえばドイツ人がゲルマン人を主流としていることに異論は少ないのに対し、フランス人はそうした主流を挙げることが困難なほどに三つの系統が拮抗しているのが特徴です。また、本土でもブルターニュではケルト系のブルトン人、スペインとの国境付近にはバスク人、アルザスではドイツ系のアルザス人などの少数民族が存在します。また、コルシカ島もイタリア人に近い民族コルシカ人が中心です。一方、西インド諸島やポリネシアの海外県や海外領土では非白人の市民が多いです。
 言語
現行の憲法第二条によると、1992年からフランス語はフランスの唯一の公用語です。ただし、オック語などの幾つものロマンス語系の地域言語が存在するほか、ブルターニュではケルト系のブルトン語(ブレイス語)、アルザスではドイツ語の一方言であるアルザス語、コルシカではコルシカ語、海外県や海外領土ではクレオール諸語など77の地域語が各地で話されています。近年まで、フランス政府と国家の教育システムはこれらの言語の使用を留めてきたが、現在は様々な度合いで幾つかの学校では教えられています。その他にも移民によってポルトガル語、イタリア語、マグレブ・アラビア語、ベルベル諸語が話されています。フランス語は、フランスのみならず、旧植民地諸国(フランス語圏)をはじめとした多くの諸国で広く使用されている言語です。フランスは、点字が生まれた国でもあります。
 教育
2歳から5歳までの就学前教育の後、6歳から16歳までの10年間が無償の初等教育と前期中等教育期間となり、6歳から11歳までの5年間がエコール・プリメール(小学校)、その後4年間がコレージュ(中学校)となります。前期中等教育の後3年間のリセ(高等学校)による後期中等教育を経て高等教育への道が開けます。2003年の推計によると、15歳上の国民の識字率は99%です。 高等教育機関には一般の総合大学や単科大学の他にグランゼコールと呼ばれるエリート学校があり、代表的な高等教育機関としてはパリ大学(1211年)、モンペリエ大学(1289年)、エクス=マルセイユ大学(1609年)、ストラスブール大学(1631年)、リヨン大学(1809年)、パリ・カトリック大学、エコール・ノルマル、エコール・ポリテクニーク、パリ国立高等鉱業学校、エコール・サントラルなどが挙げられます。 フランスでは、コミュニケーションを重視した国語教育が、小学校での最重要の教育目標になっています。また、一部のエリート大学やグランゼコールを除き、リセ卒業時に行われるバカロレアに合格すれば任意の大学に入学できる代わり、進級認定は厳格です。
 宗教
宗教面では、国民の約7割がカトリックといわれています。カトリックの歴史も古くフランス国家はカトリック教会の長姉とも言われています。代表的な教会はノートルダム大聖堂、サン=ドニ大聖堂などが挙げられます。パリ外国宣教会はその宣教会です。フランス革命以降、公共の場における政教分離が徹底され、宗教色が排除されています。 近年旧植民地からの移民の増加によりムスリム人口が増加し、知事も生まれました。フランスではフランス革命以来の伝統で政教分離(ライシテ)には徹底しており、2004年には公教育の場でムスリムの女子学生のスカーフをはじめとしてユダヤ教のキッパなど宗教的シンボルを禁止する法案が成立し、フランス内外のムスリムやユダヤ教徒から反発されています。一方でいくつかのキリスト教的シンボルはすでに一般化していて宗教的シンボルに値しないと許容されているため、宗教的差別であるという意見もあります。
 文化
文豪スタンダール、オノレ・ド・バルザック、ヴィクトル・ユーゴーをはじめ中世より文学が発達しており、音楽も盛んです。絵画やファッションの分野では数世紀の間欧州世界をリードする地位にあると言われ、近年においてもファッションにおいてはイタリアと並び世界をリードする地位にあります。また、長年芸術面で欧州世界をリードする地位にあることから、パリを中心に多くの諸外国の芸術家やクリエイターを引きつけています。特に画家は多いが、音楽でもドイツ人であるグルック、オッフェンバック、マイヤベーアがパリを拠点とするなど、多くの外国の才能を吸引しました。
 パリの周辺地域
パリはフランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心です。また、ニューヨーク、ロンドン、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもあります。 ケスタ地形を呈するパリ盆地のほぼ中央に位置し、市内をセーヌ川が貫く。この川の中州であるシテ島を中心に発達しました。北緯49度とやや高緯度に位置するが、温かい北大西洋海流と偏西風によって一年を通して比較的温暖となっており、西岸海洋性気候の代表的な都市です。 市域人口は1950年代の約290万人を絶頂に減少し続けたが、ここ数年は微増傾向に転じており、2007年現在で217万人です。2010年の近郊を含む都市的地域の人口では1,000万人を超えており、ロンドンを凌ぐEU最大の都市部を形成しています。 パリ出身者・居住者は男性がパリジャン、女性がパリジェンヌと呼ばれます。1960年代以降、旧植民地であったアフリカ中部・北部やインドシナ半島、更に近年は中近東や東欧、中国などからの移民も増え、パリジャン・パリジェンヌも多民族・多人種化しています。 2012年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス、人材、文化、政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、ニューヨーク、ロンドンに次ぐ世界第3位の都市と評価されました。
 リヨンの周辺地域(南東部地域)
リヨンの近郊にはリヨン市の人口を含め、16万人が住み、都市圏としてはフランス第二の規模を持ちます。 フランスにおける金融センターのひとつであり、多くのフランスの銀行の本店が置かれます。永井荷風が横浜正金銀行の社員として滞在したこともあります。 ローマ帝国のガリア属州の植民市ルグドゥヌムとして古代から栄えた物資の集散地であり、中世には市の立つ町としてヨーロッパでも有数の交易地として栄えました。また、絹織物の産地としても知られます。旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
 ストラスブールの周辺地域(北東部地域)
ストラスブール(シュトラースブルク)の語源はドイツ語で「街道の街」であり、交通の要衝として栄えます。ライン川にフランス最大の河川港をもち、交通の便の良さから商工業が盛んです。 かつてはドイツの神聖ローマ帝国に属したが、近世初頭にドイツの混乱に乗じてフランスが侵略して併合します。以降、ドイツとフランスが領有権を争った土地として有名です。言語や文化の上ではドイツ系であるといえるが、下記のように1944年以降、政治的にはフランスに属します。 現在は欧州評議会や欧州人権裁判所、またEUの欧州議会の本会議場を擁し、ベルギーのブリュッセルと共にEUの象徴的な都市の一つとなっています。 グーテンベルクやカルヴァン、ゲーテ、モーツァルト、パストゥールなども人生の一時期をこの地で過ごしました。 2007年6月10日にはTGV東ヨーロッパ線が開業し、パリ東駅と2時間20分で結ばれました。
 トゥールーズの周辺地域(南西部地域)
トゥールーズはパリ・マルセイユ・リヨンに続くフランス第4の都市です。大西洋と地中海の中間地点に位置し、スペインとの境界であるピレネー山脈との近いため、フランス南西地域の歴史の中心地です。太平洋と地中海をつなぐミディ運河の出発点で、反乱と宗教紛争も多かったが、世界大戦の間被害を全然受けなかったおかげで、各種文化財や遺跡地がありのままに保存されています。中世には羅紗の市場でしたが、穀物・皮革の取引が始まり、現在は農産物の大市場になりました。ピレネー山の谷に水力発展と付近の天然ガスを使って、第1次世界大戦の後、非鉄金属・繊維・製紙などの工業が起こり、その他に機械・化学(肥料・質素・火薬)工業も発達して、現在は航空機工業の中心地になり、国立航空学校と宇宙工業研究所も設置されています。それで、古典的な香りと先端的な感じを同時に受けることができます。
 トゥールの周辺地域(北西部地域)
パリの南西側のロワール川とシェール川の間に位置しているトゥールはパリ・ボルドー・ナントをつなぐ鉄道の交差点で、ロワール川の周辺に散在する古城を巡礼する観光中心地でも有名です。1980年代からパリ地方の機械の組み立て・化学製品・製薬産業の分散政策が施行されてからこの地方は急速に成長しはじめました。中世は精密絵・絹織物の中心地であり、学芸もかなり盛んで、サン・ガシアン大聖堂をはじめ優れた建造物と美術品が多いです。特にサン・ガシアン大聖堂は華麗なゴシックとルネサンス様式の変遷期を見せます。ロワール川の南側とナシオナル通りの西側は砂利で舗装された街と古い家屋が保存されています。
 
 海外語学留学の目的地
- 英語圏の国 -
アメリカ語学留学
カナダ語学留学
イギリス語学留学
アイルランド語学留学
オーストラリア語学留学
ニュージーランド語学留学
インド語学留学
フィリピン語学留学
マルタ語学留学
シンガポール語学留学
香港語学留学
- 非英語圏の国 -
中国語学留学
韓国語学留学
日本語学留学
フランス語学留学
ドイツ語学留学
スペイン語学留学
会社概要  |   提携案内  |   学校登録案内   |   ご利用規約   |   個人情報の取り扱いについて  |   メール  |   FAQ
Copyright ⓒ2010 - 2017 StudyDestiny. All Rights Reserved.